太郎さん 弁膜症



一人っ子お出掛けはいつも…獣医さん通いの時のみとは…可哀そう

太郎さん、循環器専門医に診て頂きました。

かかりつけ医に心雑音、6段階4のレベルと言われておりました。
これを聞いて、慌てる、気付かない内に悪くなっていたんじゃないの?
お友達、心臓病治療している方にメール。
親身になって、色々情報、病院を紹介して下さいました、有り難うございました。ぺコリ。

太郎、この際なので色々検査して、先ずは健康状態を知る。
検査の結果は、
心雑音の原因は、僧房弁の不具合。腱索が一か所切れておりました。
診断は「弁膜症」
幸いな事に、少し心肥大も見られますが、肺はとても綺麗でした。
血液検査も問題なく、健康体な数値です。

今現在、生活上、制限なし、フード変更、療法食の必要がない。
薬…これは如何しますかどうしても飲ませないといけない、ではない。様子見するか?取りあえず、安心的薬服用か?
なので、ちょっとでも負担が軽い方が良いかと…レリート錠を服用選択。

お薬で長生き…
薬で長生きは違うと言われました。
これは、もう寿命です、と。

まあ、私的には気が軽くなる、太郎と付き合い易くなると思った次第。

太郎ですが、超マイペースに生活しております。
外に行きたければ「ワン」
散歩コースも距離も満足したなら終了って感じ。
お腹が空けば「ワン」
これは最近は却下だけれど…何度かワンして納得な食いしん坊です。

診療は来月中ごろ、太郎の体調が良いと嬉しいな…。

太郎と病気と仲良く付き合って行きましょう。
特別枠指定、太郎にチッカイ掛けたら…パピヨンズ叱られます、咲は懲りずに…怒られます、この方も超マイペース。
空気読めよ、知らない、ですと、トホホ。




スポンサーサイト
[ 2014/07/10 06:47 ] 病気 | TB(0) | CM(4)

太郎さん 血液検査も肺も問題なく
行動も食事も制限なし!
優秀ですよー
年齢的にもちょっと疲れたり無理はできなくなっちゃった
かもしれないけど

ゆったりゆったり過ごして
ゆっくりゆっくり年を重ねていってね

ELFさんも心配いろいろ大変かもですが
母ちゃんあってのパピヨンズですから
ご自愛下さいね!
[ 2014/07/10 16:46 ] [ 編集 ]

こんにちは(^_^)
太郎さん、重篤な結果じゃなくて、良かったです。
お薬に頼るタイミング、難しいですね。
うちも、心肥大、心雑音が出始めてきましたが、
加齢によるもの、まだ、薬を飲ます段階ではない、
と言われてますが、本当に大丈夫?と
時々、不安になります(^^;;
目も白内障の兆候はあるけど、
うちのかかりつけ医は、目薬で進行を
抑えることはできない、といわれます。
歯のこともそうなんだけど、積極的な治療はしないスタンスな病院のようです。
薬で長生きは違う、ってうちの先生もそういう考えなのかな?
おうじろうにはおうじろうのペースがある、と以前言われました。
太郎さんにも太郎さんのペースがあるんでしょうね。
お互い、体調に注意しつつ、のんびりと
でも元気に少しでも長生きしてもらいましょうね。
太郎さん、早く元気になってね♪
[ 2014/07/10 18:19 ] [ 編集 ]

きゃーこ様

太郎のご心配、有り難う。
太郎の肥満に怒られる、心臓病の現任と叱られると思っていましたが…特に言われず、血液検査も総コレストロールも中世脂肪も低かったりしました、基準値で。
でも心臓に負担がかかっていたんだな、と反省。
シルバーなので、今後は暑い夏乗り切り、ダイエットで安心生活目指したい。
私の心配まで、ありがとう。
取りあえず、昼寝を取り入れたり…グウタラしています。
[ 2014/07/13 05:15 ] [ 編集 ]

tae 様

太郎のご心配、有り難うございます。
加齢?食生活、肥満原因かも?で今後は様子見しながら、ノンビリと病気と付き合って行きます。
薬は太郎に少しでも良ければ、楽ならばと始めました。
薬で進行を遅らせる事は有ると思います。
ですが、薬を飲んでいるから、寿命が延びるではないのは…、個体差、生命力、諸々科刑するから、お薬絶対でない、が正解かな?
まあ、加齢で体力も落ちるし、明らかに以前とは違うが出て来ますね。
その子に合った付き合い方、治療選択が大事かな?
まあ、可愛い我が子、長生きしてほしいは誰でも同じ。
気持ち通じると良いけれど…犬だから…難しい。
[ 2014/07/13 05:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elfkindergarten.blog5.fc2.com/tb.php/1182-02d1c8e2