明けましておめでとうございます

年初早々にお詫びも含め、ご挨拶を。

皆様にとりまして幸多き一年となりますよう、心よりお祈りいたします。

未だ、年賀状作成もしておりません、それにパピヨンズのシャンプーも終わっておりません。
なので頂きながらの方々にお詫びです、ペコリ。
松の内には、お届け出来る様、頑張ります。

我が家スタートは夫婦喧嘩から始まり、今も尾を引いています。
兎に角、介護の温度差、痴呆を何処まで受け入れるか?
何年経っても変わらない、先進まない、現実、今年で8年目、さて何処まで続くのか???

そんな中、実家母がショートスティ2日目、大晦日深夜、40度超え、救急車緊急搬送されました。
何処も受け入れ先が‥ない、受け入れしてくれたのは、板橋の病院だったそうです。
そうです、と書いたのは、弟から電話貰いながら、気付かず翌日夕方知ったから。
不在着信がいっぱいだった、トホ。
病状は肺炎、なかなか意識が戻らず、酸素マスクにてとの事。

昨日見舞いに行こうと思っていたのですが‥。
家族が集うバア宅の新年会。普通ならパパが居るのが都合良いですが、仕事不在、年末正月も無い勤務。
バアは勿論起きて来ません、起こしてもウダウダして起きて来ず。
バアを起こし、食事をさせ服薬までが最低仕事。
それに排泄が分らなくなっているので、入浴、着替え洗濯。いつまでも終わらない。
パピヨンズの最低限お世話もあるのに‥。
ここで怒り心頭になったのは、パパ兄弟無茶暢気で‥お分かり頂けますよね。

実家母の様子ですが、熱下がりましたが、37度台半ばをキープ、完全に下がり切っておりません。
浮腫んだ顔、黄疸の様な顔色、目が半開き。
一応酸素マスク取れました、チコッと話出来ました。
ショートスティに行く前から具合は悪かった、行きたくなかった。
でも‥迷惑がかかるので、と聞こえない声で。
クリスマス日に見舞いに行った時もかなり衰弱していたので‥分かる気がした。
ですが、私が介護するでもないので、言葉言える訳も無く。

入院したい、と言っていた母なので、神様の計らいか?

こんな母を見ていると、バアの我侭が許せなくなります、それに手伝ってくれない家族にも。

パピヨンズにも影響出始め、文句も多いし、ストレス溜まるし、良い環境維持とは行かず。

親孝行をしたければ、自分達でしろ、が本音。

まあ弟もそうですが、精一杯遣っている、と言われれば、そうかも知れない。
でも‥と遣らない私が言う事でもないので。

穏やかな新年迎えた皆様が羨ましい、と思う私だったり。

無いもの強請り、ついつい他人芝生が青く見える私。未熟です、いつまで経っても、心ダウン中、育っていない。
スポンサーサイト
[ 2012/01/03 07:55 ] パピヨンズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elfkindergarten.blog5.fc2.com/tb.php/634-4751a4f3